ぎんちゃんのTOPページ
シンティレーション
 (牝2歳、池上厩舎)

ロードカナロアキングカメハメハKingmambo
*マンファス
レディブラッサムStorm Cat
*サラトガデュー
ファシネートダイヤアグネスタキオン*サンデーサイレンス
アグネスフローラ
トコア*カーネギー
*パーソナルファイル


コメント
 東京から・・・さんの出資馬です。今年度募集は抽選で2頭とも外れて一般での出資となりましたが、動画を見る限り上品で雄大な雰囲気を感じますし、もちろん期待大です。
 そして四代母の産駒にリンドシェーバーがいるところに縁を感じます・・・。

競走馬名:シンティレーション(欧字表記:Scintillation)
意味由来:閃光。母名より連想


うまの状況(2021/4/3現在)
在厩場所: 3日(土)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧
調教内容: ゲート練習、2日(金)にゲート試験を受けて合格

池上昌和調教師「先週こちらへ入れさせていただき、体調面に問題はなかったので、早速翌日から乗り運動を開始しました。運動初日はかなり気が入ってしまって、その影響で発汗も凄かったので、運動後は脱水症状の様な状態になってしまいました。すぐに水を浴びせる等の処置を行ったので大事には至らずに済みましたが、週が明けてからも落ち着きがない様子に変わりはありませんね。ほとんどの場合は、週を跨げばだんだんとこちらの環境にも慣れて徐々に気持ちの方にもゆとりが出て来るものなのですが、シンティレーションは常に周りを気にしてしまっていて、調教中は常歩ができないくらいカッカしたところを見せてしまっています。それに伴い、馬体重も入厩時から10kgほど減って、現在は430kg台後半くらいになっており、今後もよく状態面には気をつけて進めていきたいと思います。調教に関しては、先週末からゲートを見せ始めており、普段の様子からするとかなりバタバタしてしまうのではないかと心配していましたが、枠入りや駐立に関しては大きな問題なく対応できていますね。自分から進んで出て行こうというタイプではないので、発馬はまだ遅くて練習が必要ですが、あまり詰め込み過ぎると精神的に悪い方へ向いてしまいそうですから、その辺りの加減にはよく注意して進めていきたいと思います」


前のページへ  ぎんちゃんのTOPページ