ぎんちゃんのTOPページ
トライフォーリアル
 (せ5歳、萩原厩舎)

リアルインパクトディープインパクト*サンデーサイレンス
*ウインドインハーヘア
*トキオリアリティMeadowlake
What a Reality
エンプレスティアラ*クロフネ*フレンチデピュティ
*ブルーアベニュー
*ゴールドティアラSeeking the Gold
Bright Tiara

コメント
 東京から・・・さんの出資馬で、リアルインパクトの初年度産駒です。母系は祖母がゴールドティアラで近親にステファノスがいる血統で、楽しみが膨らみます!!

競走馬名:トライフォーリアル(欧字表記:Try for Real)
意味由来:本気で挑む。父名より連想


うまの状況(2022/11/19現在)
在厩場所: 美浦トレセン/19日(土)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧
調教内容: 16日に障害試験に合格

左側のみブリンカー着用。まずまずのスタートを切るも無理せず、道中は最後方からレースを進めます。直線ではジワジワと脚を使ったものの、昇級初戦は9着でゴールしています。

萩原清調教師「私は東京競馬場に臨場していたので直接は見れていないものの、モニターでの姿を確認する限り馬体重は6kg増えての出走でしたが、太目感はなかったですし、前走時の状態の良さをキープして出走させることがで来たのかなと思います。武藤雅騎手には『前走と同じようなイメージで、道中は中団に付けて最後は粘り込むような競馬をして欲しい』とリクエストしていたものの、レース前に結構雨が降ったことで向正面の馬場が悪くなってしまい、スタートしてからノメって進んで行けず、最後方からの競馬になってしまったようです。クラスが上がって相手関係が強まったことも敗因の一つだとは思いますが、最後はジワジワと脚を使っていましたし、事前のプラン通りに中団から進められていればもう少し上の着順に来られていた可能性もあったでしょうから、雨が誤算となってしまいましたね。ジョッキーは、『マイルか1,800mかならマイルの方が良いのかもしれない』という感触を持ったようですが、最後はバテてしまったわけではないですし、今日の1戦だけでは適性を判断するのは早計かなと感じました。この後は優先出走権を獲れませんでしたし、いったん仕切り直す方向で考えています」

萩原清調教師「その後もコースでの障害練習を中心に調整していましたが、スムーズに進めることができていましたし、五十嵐雄祐騎手からのゴーサインも出たことから、今日障害試験を受けたところ、無事に合格することができました。平地のスピードになっても同じように走れるかは何とも言えないものの、障害だと飛越を挟む分、ハミにモタレるところが幾分マイルドになり、トライフォーリアルとしてはしっかりと馬体を起こして走ることが出来ていますね。この後はもう少し状態を見ながら検討したいと思いますが、前走から休みを挟まずにここまで進めてきましたし、いったんリフレッシュさせる方向で考えています」
※調教時計情報

左より、日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅


次走の予定
未定です。


戦績
年月日コースレース名距離・馬場頭数
人気
着順騎手体重
19.6.16
東京
新馬
芝1400m・良
13
1
1
三浦
496
19.8.25
新潟
新潟2歳S
芝1600m・良
16
9
11
丸山
494
19.10.15
東京
プラタナス賞
ダ1600m・稍
11
6
9
三浦
494
20.9.13
中山
3歳上1勝クラス
芝1600m・良
16
10
中止
横山武
508
21.2.6
東京
4歳上1勝クラス
芝1600m・良
16
14
8
木幡巧
506
21.4.25
東京
4歳上1勝クラス
芝1600m・良
15
9
2
木幡巧
494
21.6.12
東京
4歳上1勝クラス
芝1600m・良
15
5
3
木幡巧
492
21.9.4
新潟
4歳上1勝クラス
芝1600m・稍
18
6
11
木幡巧
488
21.11.20
東京
4歳上1勝クラス
芝1600m・良
18
6
14
木幡巧
492
22.2.19
東京
4歳上1勝クラス
ダ1600m・稍
15
6
11
北村宏
502
22.5.14
東京
4歳上1勝クラス
芝1600m・稍
11
4
4
木幡巧
494
22.6.5
東京
4歳上1勝クラス
芝1600m・良
13
8
10
木幡巧
494
22.9.3
新潟
4歳上1勝クラス
芝1600m・良
18
11
1
木幡巧
488
22.10.22
新潟
村上特別
芝1800m・良
13
8
9
武藤
494
14戦1勝 芝(2-1-1-8) ダ(0-0-0-2)


前のページへ  ぎんちゃんのTOPページ