ぎんちゃんのTOPページ
グロンフォール
 (牡5歳、新開厩舎)

ハーツクライ*サンデーサイレンスHalo
Wishing Well
アイリッシュダンス*トニービン
*ビューパーダンス
キラーグレイシスコンガリー*アラジ
Mari's Sheba
ヘザーダズントブラフOld Trieste
Michigan Bluff

コメント
 東京から・・・さんの出資馬で、初のハーツクライ産駒への出資です。母は米国産でG1馬で血統も良さそうですし、期待が持てそうです!!

競走馬名:グロンフォール(欧字表記:Grand Fort)
意味由来:大きい(仏)+強い(仏)。馬体と力強い走りに期待して


うまの状況(2020/6/25現在)
在厩場所: 美浦トレセン
調教内容: 3日に南Wコースで時計

不良馬場。内枠から互角のスタートを切って、押して中団を取ります。そのまま直線を向き懸命に追われますが、目立った脚は使えずに昨年の同レース以来のダート戦は、後方で敗れています。

新開幸一調教師「上がりのかかる展開かつパサパサの乾いたダートの方が良いタイプですから、今日のような展開も馬場も合いませんでした。騎乗した内田騎手は『今日は不良馬場でしたので、意識的に前半は出していきました。良い感じで道中は進められましたが、4コーナーで加速していこうとしたところで、前の馬がフラフラしてなかなか抜けなかったのが痛かったですね。ただ、今日みたいな馬場ではどうしても厳しかったでしょうし、良馬場なら結果は違ってくるでしょう』とのことでした。ここで結果を残せば再度ダート戦線でも良いのかなと思いましたが、この着順ですし、再び芝でのレースで走らせることも検討していきます。この後は脚元の状態を見て、どうするか決めたいと思います」

新開幸一調教師「この中間は坂路コースでの普通キャンターを中心に調整しています。乗り出してからも脚元を含めて疲れが出ることはありませんし、今の感じであればこのまま次走に向けて進めていくことができそうです。前走は改めてダートでの巻き返しを期待していましたが、条件が向かなかった部分もあったものの、あまり良い走りをすることができませんでした。ですので、次走は芝に戻して福島3週目の信夫山特別に向かいたいと考えています。ここなら開催も進んでおり、多少は力の要する馬場状態になっているでしょうからね。まだレースまで時間はありますし、じっくりと立ち上げていければと思います」
※調教時計情報

左より、日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅


次走の予定
7/19(日) 信夫山特別(福島、芝2,600m)


戦績
年月日コースレース名距離・馬場頭数
人気
着順騎手体重
18.1.21
中山
新馬
ダ1800m・稍
16
1
1
ルメール
576
18.3.24
中山
3歳500万円下
ダ1800m・稍
14
1
4
ルメール
576
18.5.19
東京
3歳500万円下
ダ2100m・良
16
2
4
内田博
580
18.12.1
中山
3歳上500万円下
ダ1800m・良
15
2
2
モレイラ
574
19.1.20
中山
4歳上500万円下
ダ1800m・良
16
1
5
ルメール
572
19.2.10
東京
4歳上500万円下
ダ2100m・重
16
1
4
内田博
576
19.4.7
中山
4歳上500万円下
ダ1800m・良
11
2
1
内田博
572
19.5.18
東京
是政特別
ダ2100m・良
16
4
3
内田博
570
19.6.8
東京
八王子特別
ダ2100m・重
16
5
4
内田博
574
19.9.21
東京
九十九里特別
芝2500m・良
11
5
8
内田博
578
19.11.23
京都
高雄特別
芝2400m・良
8
5
6
和田
570
20.1.12
中山
初咲賞
芝2200m・良
12
9
5
ミナリク
580
20.4.4
中山
安房特別
芝2500m・良
11
8
6
丸山
578
20.6.14
東京
八王子特別
ダ2100m・不
16
5
12
内田博
576
14戦2勝 芝(0-0-0-4) ダ(2-1-1-6)


前のページへ  ぎんちゃんのTOPページ