ぎんちゃんのTOPページ
ラストプリマドンナ
 (牝5歳、和田厩舎)

ダイワメジャー*サンデーサイレンスHalo
Wishing Well
スカーレットブーケ*ノーザンテースト
*スカーレットインク
シルクプリマドンナ*ブライアンズタイムRoberto
Kelley's Day
*バウンドトゥダンスNorthern Dancer
Truly Bound


コメント
 オークス馬シルクプリマドンナの初めての牝馬で、母に続くG1制覇を期待しての出資です!!
 残念ながらシルクプリマドンナは今年のお産で亡くなりラストクロップとなるので、なお一層活躍を期待しています。ただ、どうも今までのレースの選定がしっくりこないのが正直言って不満です・・・。

競走馬名:ラストプリマドンナ(欧字表記:Last Prima donna)
意味由来:最後+プリマドンナ(伊)。母の最後の産駒であることより


うまの状況(2020/1/27現在)
在厩場所: 美浦トレセン
調教内容: 

チークピーシズ着用。若干立ち遅れたスタートを切ると、道中は行きたがるような面を見せながら、中団をキープします。4コーナー手前から追い出しますが、伸びは見られず後方でゴールしています。

津村明秀騎手「ゲートの中で悪さをしてしまって、上手くゲートを出てくれませんでした。前々走乗せていただいた時とは違う競馬になったのですが、道中は力んでハミを噛んでしまい、その分直線では全く伸びてくれませんでしたね。また、今日は外枠で前に壁を作ることができませんでしたし、内枠であればまた違った結果だったと思います」

和田正一郎調教師「パドックではキョロキョロして集中力を欠いて歩いていたものの、返し馬はしっかりとできていたと思います。レースではスタートから上手くいきませんでしたし、ペースが遅いからか力んで走ってしまいました。自分のリズムを狂わされたことで、早々と手応えがなくなり、前走のように脚を使えませんでしたね。ゲートを含めて調整過程を考えなくてはいけません。トレセンに戻って心身の状態を見てから今後の予定を決めたいと思いますが、優先出走権を獲れませんでしたから、気が入り過ぎているのであれば放牧に出してあげたいと考えています」
※調教時計情報

左より、日付、コース、馬場状態、タイム、コース取り、脚色、併せ時の先遅


次走の予定
未定です。


戦績
年月日コースレース名距離・馬場頭数
人気
着順騎手体重
17.8.26
新潟
新馬
芝1600m・稍
18
6
2
柴山
418
17.10.21
東京
2歳未勝利
芝1400m・重
13
1
1
ルメール
424
17.12.24
中山
クリスマスローズS
芝1200m・良
15
2
2
ルメール
432
18.2.25
中山
黄梅賞
芝1200m・良
12
1
2
戸崎
428
18.4.14
中山
3歳500万円下
芝1200m・良
16
1
1
戸崎
426
18.7.21
福島
白川特別
芝1200m・良
16
1
11
戸崎
426
18.9.16
中山
初風特別
芝1200m・良
13
1
10
戸崎
432
18.11.24
東京
3歳上1000万円下(牝)
芝1400m・良
14
6
3
津村
436
19.2.16
東京
3歳上1000万円下
芝1400m・良
14
3
5
津村
444
19.4.20
東京
3歳上1000万円下(牝)
芝1400m・良
12
2
10
ルメール
442
19.6.1
東京
由比ヶ浜特別
芝1400m・良
15
3
11
戸崎
446
19.8.31
新潟
飯豊特別
芝1200m・良
18
9
12
北村宏
440
19.11.17
東京
3歳上2勝クラス
芝1600m・良
9
8
6
津村
448
19.12.8
中山
3歳上2勝クラス
芝1600m・良
16
13
4
石川
450
20.1.25
中山
東雲賞
芝1600m・良
11
5
11
津村
458
15戦2勝 芝(2-3-1-9) ダ(0-0-0-0)


前のページへ  ぎんちゃんのTOPページ